睡眠時無呼吸症候群について

当院では睡眠時無呼吸症候群の検査および治療を行っています。

簡易ポリソムノグラフィという検査、CPAPという治療まで対応しております。

 

 

<睡眠時無呼吸症候群とは>

睡眠中に、「無呼吸・低呼吸」になってしまうことを睡眠時無呼吸症候群(SAS)といいます。多くの場合は自覚症状はあまりありません。しかしこの状態が続いてしまうと、日中の強い眠気(事故)・高血圧・心臓発作・脳卒中などの原因になることが医学的にわかっています。公共交通機関の運転士の居眠りなど、社会的に大きな問題になっていることも記憶にあるかと思います。SASを放置することによって将来の生存率が低下するため、一定の状態を越えている場合は治療が必要となります。

 

 

<どんな時に疑うか>

・睡眠ログで断続的に覚醒している

・一緒に寝ている人に、強いイビキや呼吸の停止を指摘される

・日中にとても強い眠気を感じることがしばしばある

・お薬を増やしてもなかなか下がらない高血圧症

 

<どうやって検査をするか>

 簡単な装置を一晩ご自宅で装着して検査します

 

 

<どうやって治療するか>

・CPAP(持続陽圧呼吸療法・シーパップ)

・マウスピース

・手術

・生活習慣改善(肥満・飲酒量などの是正)

 

 検査結果で一定の数値を越えた場合はご自宅でCPAPという装置による治療を行います

治療状態はご自宅から当院端末へデータ転送され、月1回の外来受診を行います

検査も治療も保険適応となります

 

 

<治療の目的は>

イビキや無呼吸の改善

良質な睡眠の確保、日中の眠気の改善

高血圧の是正および治療の一環

将来引き起こされる各種重大疾患の予防

 

 

お困りの方は一度ご相談ください